多くの課題を抱え、
もがき続ける現代の組織。
5年、10年と成長し続ける
組織の形とは。

少子高齢化、感染症対策、
人財不足による生産効率の減少など、
多くの組織が運営の見直しを迫られています。
持続可能な組織とするにはどうすべきなのか。
そして、成長させるために何が必要なのか。
時代に即した組織論を探究し、組織改革の重要性を探究してみよう。

組織の中で「人」の
立ち位置の変化

時代が進むにつれて「組織」の形が変わり、組織への帰属意識も変化しています。
技術の進化、働き方改革、リモートワークの普及などにより、組織に属する人の帰属意識が薄れ行く時代の中で、求められる組織とはどのような組織なのだろうか。

持続可能な組織とは何か?
あなたの組織が抱える課題は何か?

軌道に乗っている大企業でさえ倒産する時代。
5年、10年先にあなたの組織は存在しているだろうか?
未来のことは分からない。けれど、今を考え、未来に備えることは可能なはず。
今、組織が抱える課題を考え、解決することが明るい未来へ続く近道かもしれない。

現代の組織が抱える課題とは

「組織」と言っても企業や官公庁などの組織もあれば、スポーツチームやNPO団体など組織の種類はさまざま。
組織の形が違っていても、抱えている課題は共通していることが多い。
組織内でのコミュニケーション不足、離職率の上昇・人財不足により組織力が低下し組織の存続が困難となる。
これら問題は過去にもずっと存在していたが、現代になってより顕著に現れるようになった。

2021年3月22日(火)

19:00 〜 21:00

時代に即した
組織論を探究する例会

「時代に即した組織論を探究する例会」は持続可能な組織の形とは何か?と言う大きなテーマのもと、
組織の中での「人」にフォーカスする例会です。
本例会では組織改革を実行し、成功に導いた実績のある講師陣に登壇いただき、
組織の規模・種類に囚われず、現在必要とされている組織の形についてお話しいただきます。

Youtube視聴はこちら

会場 ウィルあいち ウィルホール
住所 〒461-0016
愛知県名古屋市東区上竪杉町1
アクセス ●地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
●名鉄瀬戸線「東大手」駅 南へ徒歩約8分
●基幹バス「市役所」下車 東へ徒歩約10分
●市バス幹名駅1「市政資料館南」下車 北へ徒歩約5分
スケジュール 18:00 受付開始
19:00 開会
19:03 第1部:オープニング
19:15 第2部:基調講演(40分)
19:57 第3部:ディスカッション(50分)
20:47 第4部:クロージング(5分)
20:52 閉会
第2部 基調講演

人が変われば組織が変わる。
新しい流れを受け入れる組織へ

基調講演では株式会社シャトレーゼ 元最高執行責任者を務め、
しなの鉄道株式会社、松本空港株式会社にて経営再建を行われた自称「プロサラリーマン」杉野 正氏に時代に即した組織論について講演いただきます。
多くの企業の経営再建、組織改革を実行し成功に導いてきた杉野氏の経験と組織改革の手法、
そして組織の中の「人」のあり方とは何か。
杉野氏の講演にご期待下さい。

株式会社シャトレーゼ 元最高執行役員
/ T&Sコンサルティング株式会社代表取締役

杉野正

株式会社ユニ・チャーム、株式会社エイチ・アイ・エス 開発本部長を得て、当時の長野県知事であった田中康夫氏の招聘によりしなの鉄道株式会社代表取締役に就任。
債務超過であったしなの鉄道を半年で償却前黒字にし、2年連続で償却前黒字を達成する。
並行して赤字であった松本空港株式会社の経営再建を行う。
その後、埼玉鉄道株式会社の代表取締役、株式会社スタイルデザイナー、株式会社シャトレーゼの最高執行責任者などを歴任。
各企業にて経営再建、事業拡大を行い企業再生のプロフェッショナルとして活躍している。

第3部 ディスカッション

組織改革のプロフェッショナルたちの声

ディスカッションでは3名の組織改革のプロフェッショナルに登壇いただき、意見を交えていただきます。
より多くの共感をいただき、学びを得ていただくため、
ディスカッションでは企業・官公庁など、全く異なる経験をもつ講師にお話しいただきます。
それぞれの立場で得た経験・手法をテーマに沿ってご意見をいただきます。

元衆議院議員 / 元横浜市市長

中田 宏

青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾を経て、1993年から衆議院議員を通算4期、2002年から横浜市長を2期務める。
横浜市長在任中、徹底した行政改革や民間活力導入で、財政破綻寸前だった横浜市の借金を約1兆円減らす。現在、衆議院議員と横浜市長という国政と首長の両方を経験した数少ない政治家の1人として、シンクタンク「日本の構造研究所」を設立。
日本の根深い構造の問題について分かりやすく情報発信を行い、国民が自ら考え選択していく環境づくりを行い、政治を機能させることを目指し活動。

株式会社いまじん 元会長 / 無礼塾 主宰

榎本 計介

両親を助けるため小さな倉庫から1人で始めた事業を200億企業に育て上げ50歳で引退。
現役経営者時代から後進育成に力を注ぎ、現在はプロの経営コンサルタントとして無礼塾をはじめとした経営者の育成、コンサルティング、セミナーなど精力的に活動。
再建支援から上場を目指す企業の体制づくりまで、これまでに関わった企業は1,000社を超える。

フリーアナウンサー

大橋 麻美子

岐阜県各務原市出身。
1998年、中部日本放送(CBC)に入社、地域情報番組やバラエティー番組などに出演。
5年間勤務した後、2003年にフリーアナウンサー(圭三プロダクション所属)に転向。
2016年からキャリアコンサルタント大学勤務(2021年から非常勤講師)。